2008年02月 / 01月≪ 1234567891011121314151617181920212223242526272829≫03月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2008.02.25 (Mon)

2/24(日) 練習日記&ナゴヤサックスフェスタ2008 100人のアマチュアオーケストラ初練習参加

 いよいよ淡路島サクソフォンフェスティバルに、今週末参加となります♪

 今日は、午前中に名古屋市の名古屋青少年文化センターの練習室を借りて、
本番前の最後の練習をしました。
 淡路島フェス参加メンバーの中で、私もお知り合いの筑波在住・F-Windsさんが
アマチュアオケで参加されるのですが、Bass・Saxで参加とのことなので、
旧知の仲のリーダー・みゅるGENさんから直談判いただき、浜松SCのステージに
参加いただくことになったんです!
そして、昨年夏に茨城の実家方面へ引っ越してしまったSilverさんも
今回は参加となります。

 そんな訳で、バルトークの曲は今まで8重奏版(ソプリロ・ソプラノ・アルト2・テナー2・
バリサク2)で練習していたのですが、急遽10重奏版(ソプリロ・ソプラノ2・アルト2・
テナー2・バリサク2・バス1)に差し替えとなりました。但し、本番は来週です。。
 楽譜はやはり8重奏版と和声の造りやメロディーパートが変わっているので、
その辺りを重点的にチェック。
急な変更ということもあり、メロディラインが揃わない部分が多々ありますが・・・、
各自のイメトレで修正が必要かな。
 本番前日に淡路島入りしますが、練習時間が取れるかかなり微妙なところ。。
何とか時間が欲しいところです。

 午後は、同じ建物内でナゴヤサックスフェスタ2008のアマチュアオケの
練習に参加。今日は、約70人ぐらいいたのではないでしょうか。
曲は、プッチーニ(柏原 卓之)/歌劇「トゥーランドット」より&
東海林 修(柏原 卓之)/ディスコ・キッド。
 アリオンSQ B・Sax奏者 遠藤 宏幸さんの指揮により通しの合奏後、
パートに分かれて練習・再度合奏となりました。
次回、3/15(土)はいよいよ雲井 雅人先生の指揮による合奏となります!
特に、プッチーニは♯・♭が5つも6つも付いているところが多く、もっと譜読みを
しっかりしなくてはいけません。。
そして、ディスコ・キッドはノリと拍の感じ方・音の長さの問題が大きいですね。
 後半は、希望者からの約30人の選抜メンバーで練習。浜松SCからも
数名参加します。
曲は、ホルスト(柏原 卓之)/セントポール組曲です。
んー、シンプルなだけに反って難しい!
どういう音が必要なのかを、もっと考えて吹かなくてはいけないですね。

 練習は18時で終了となりました。
と、そこへプロ奏者の皆さんのアンサンブル練習の為、服部 吉之先生がご登場。
柏原 卓之さんのソプリロ・Saxを、面白そうに試奏されていました。
さすが、いい音だったな~。(^^

 メンバーの皆様、朝から夜までお疲れ様でした。各自、気をつけて淡路島へ
向かいましょう!まさか雪は降らないでしょうけど。。(^^; 
                                                           
                                  by京青
スポンサーサイト

テーマ : 音楽のある生活 ジャンル : 音楽

00:21  |  今月の練習日記♪  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2008.02.13 (Wed)

ナゴヤサックスフェスタ2008 顔合わせ会♪

ナゴヤサックスフェスタ
 先週末、急激に雪が降ってきた中、出席可能なメンバーでナゴヤサックスフェスタの
顔合わせ会に出席してきました。

 場所は、ヤマハ 名古屋店7Fの研修室。
100人のSaxオケの出演者が集まりました。
あいにくの天候でしたが、約60人も集まりました。
 一通りガイダンスがあり、各パートに分かれて個別の技術チェックということで、
全員がB-durのスケールをレガートとスタッカートで吹きました。
聴いていただくのは、東海地区でご活躍の若手プロ奏者の方々。
私はテナーで応募しているのですが、アリオン・サクソフォンカルテット
Sop奏者・堀江さんの前で吹くことに。
初めての参加なので、こんなことをいきなりするとは思わずドキドキでした。。

 そして、全員が再度集合し、配布された楽譜を手にしました。
写真の中央にいらっしゃるのが、浜松SCメンバーで今回のSax オケのアレンジを
担当されている柏原 卓之さんです。ちょうど、曲の解説をしされているところでしょうか?

 100人オケの初練習は2/24(土)午後、そして浜松SCとしての練習も午前中に
行います。いよいよ迫ってきたって感じですね♪

                                      by 京青

テーマ : 音楽のある生活 ジャンル : 音楽

22:17  |  SAX  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2008.02.05 (Tue)

第31回全日本アンサンブルコンテスト 各支部代表が続々と決定♪

 私の各地のお知り合いの皆様が各都県代表となっており、結果が気になって
おりました。Saxアンサンブルは、中々健等しているのではないかと思います。

 一般の部では、四国支部で高知県・鏡野吹奏楽団の最強Saxパート
メンバーによるクレール・サクソフォーン・クァルテットさんが代表に♪
ちなみに、今年は「山道」に挑戦されているそうです。
うーん、聴いてみたい!
 残念ながら、東京都支部で私の元所属先でもあった葛飾吹奏楽団の
Sax4重奏チームと地元・島根県のリブローム・サクソフォンアンサンブルさんは
残念ながらというところだったようです。
 他、西関東支部で神奈川県の横浜ブラスオルケスターさんの8重奏チームが
代表になられました。
 
 いよいよ来週は東海大会ですね!Sax団体は、ナント出番が朝一みたいですが。
全21団体のうち代表はたったの1団体、狭き門です。
  *三重・江戸橋レディースカルテット・白子ウインドシンフォニカ
  *岐阜・岐阜ブラスオルケスター・ アンサンブルプリーザント
  *長野・アンサンブル・ミューズ
  *静岡・アンサンブル・デ・ラフェイム
                              ※全て4重奏編成
そして、個人的に大注目の東北大会も来週ですが、こちらもどうなるか楽しみ!

 番外編ですが、当アンサンブルメンバーの母校関係ということで。
メンバーの先輩・後輩で、Cl吹き&指揮者でもあるまささんが、
職場の部でNTT東日本東京吹奏楽団さんのCl8重奏チームで見事代表と
なられたようです。おめでとうございます!!
職場の部のSax団体では、広島のNTT西日本中国吹奏楽クラブさんの
4重奏チームと、埼玉の株式会社ウインズ吹奏楽部さんの3重奏チームが
代表のようです。

 *詳細結果はこちらを参照下さい。

                                      by京青

テーマ : 楽器 ジャンル : 音楽

00:35  |  SAX  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2008.02.03 (Sun)

2/3(日) 練習日記・いよいよ本番まであと1ヵ月♪

 12月から駆け込みで?練習し始めたバルトーク「ルーマニア民俗舞曲」。
その初お披露目が、いよいよあと1ヵ月後に迫ってきました。

 前回1/20の練習から2週間と、そんなに時間が空いていないこともあり、
スムーズに練習が進んで行った気がします。
何よりも、うっさんが提供してくれたyou tubeの各種映像・音源を全員が絶賛!
曲の理解を深めるのに役に立ちましたね。
 
 残念ながら、本番前日まで全員が揃って練習出来る日が無いのです。。
練習内容は、前回の続きという感じでした。
 ・1楽章は、ドンドンとテンポが遅くなるということで、メロディー・伴奏のテンポ設定を
  メトロノームを使ってチェックしたり、バランス・和声・音の長さををチェック。
  伴奏は、クレッシェンドのスピード・音量が不揃いということで、場所を決めて
  徹底的に練習。
 ・2楽章の冒頭、アルト・れいちぇるさんのSoloについて積極的に意見交換したり、
  各自が吹くならどう吹くか?!と1人ずつ大ドSolo大会になったり、
  それぞれがアイディアを出し合いました。大ドSolo大会、各自の個性が見えて
  中々面白かったです。
 ・3楽章は、伴奏のピッチ・バランスが重要。メロディー以外をピックアップして確認。
 ・4楽章は、やはり冒頭のテナーの歌い方・技術的な部分・テンポ設定について、
  周囲からのチェックが入りました。
  んー、私も一緒に吹いていますが、3本が音色・音質を寄せることが更に重要かと。
 ・そして、問題の5楽章。
  設定テンポより速かったり肝心な部分が遅かったりした為、これもメトロノームを
  利用して曲のフィナーレに向かってテンポアップ!追い込みの練習。
  どのパートががテンポをキープするか等確認。

 今日は、うっさんが購入したばかりの録音機材を利用して、何度か曲を通して録音。
昼休憩で各自が聴いた感想等を、午後の練習時に生かして意見交換しました。
前回の練習よりは、ぐっと良くなってきましたねー。
細かい音の処理・音の形・フレーズ感を、よりきっちり仕上げたいものです。
スコアの読み込みをして、周りの状況をよりキャッチ出来ることも重要かなと。
あと、個々で、音の立ち上がり・アーティキュレーション・音質・音色等、
奏法の基本も再度見直す必要がありますね。

 実は、アンサンブルで本格的な曲を仕上げる経験が初めてというメンバーも
います。
1人で吹くのではなく、ラージアンサンブルという大人数の形態で曲を創り上げる
楽しさ・難しさを実感しているとか。1人では気付かない部分が沢山発見出来るし、
それがレベルUPもに繋がりますから、吹いてて楽しくなること間違いなし!?

 聴いていただいたお客様に響く音楽造りが出来るよう、更に完成度を
上げるべく頑張りましょう(^^
 そうそう、4/6(日)ナゴヤサックスフェスタ2008のアマチュアステージに、
同じ曲での出演が決定しました★

テーマ : 楽器 ジャンル : 音楽

21:01  |  今月の練習日記♪  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。