2017年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2008.03.15 (Sat)

3/2(日)第8回淡路島サクソフォンフェスティバル 参加後記

 本番が終って、既に2週間が経過しました。。
私の都合で、すっかりUPが遅くなってしまいました。
その間、一緒に出演された香川県高松市を中心にご活躍中の
ダッパーサクセーバーズ・きんじさんの記事で、すっかり終った気に
なってました。(苦笑
詳しくは、ダッパーさんのブログを参照下さい。
私を含め、浜松SCメンバーが何名か登場させていただいています。

 ということで、自分達の記録を書いて行きましょうか。

 えー、まず前日3/1。
前泊組は、何名かに分かれて車で出発しました。
といっても、出発点は岐阜・刈谷・豊橋・浜松とバラバラ。
個人的な都合で、大阪経由だったメンバーも。
引越し先(といっても地元)茨城から参加したSilverさんが、夜行バスで到着した
岡崎駅で、朝の5時から3時間放置プレイという事件もありましたが。(^^;

 仕事や個人の都合で遅れて参加したくみちゃんさん・haratchさん・れいちぇるさんを
除き、後のメンバーは14時に集合し、100人オケの練習に参加しました。
 今回、オケの楽譜手配が遅れてしまい、十分な練習って出来ました?>皆様
前の週には、ナゴヤサックスフェスタの練習もあり、かなり厳しかったと思われます。
なんたって、曲がこんな感じでした。
     伊藤 康英/サクソフォンオーケストラの為のファンファーレ
     チャイコフスキー/スラブ行進曲
     ヤン・ヴァンデルロースト/アルセナール
     サウンド・オブ・ミュージック

 チャイコの曲、高音パートはかなり大変そうでしたね。
サウンド・オブ・ミュージックも、長かったし意外と凝っていて合奏には気を使いました。

 夜のオケ練習の前に時間が出来たので、急ぎ浜松SCの練習。
今回、特別にBass・Saxのトラとして、F- Windsさん(通称・Fさん)に参加
いただきました。
Fさんは、みゅるGENさんや私の古い知り合いであり、haratchさんの東京時代の
楽器仲間であり、あかいけさんが昨年参加した「みんなの吹奏楽」仲間でも
あるのでした。
そんな繋がりもあり、快く引き受けていただきました。
                    >Fさん、本当にありがとうございました!
 そして、普段は練習に参加できないSilverさんもようやく参加。
ソプリロ・ソプラノ・アルト・テナー・バリトン・バスの10重奏練習が、
ようやく形になってきました。
ホールを借りての練習、そして10重奏版での2度目の練習。(^^;
(2月の初めまでは8重奏版でしたし。)
やはり、バスが入ると全体が締まります!んー、いい感じ!!(^^

 オケ練習を終え、宿泊先へ。
男性メンバー・女性メンバー毎に、同じ部屋に宿泊。各自どんな話があったかは・・・?!
夜は、前泊組が集合して、音楽監督の長瀬 敏和先生を交えた大宴会!
他の参加者の方と一緒に、楽しいひと時を過ごしました。

 そして、3/2当日。
この日に、ようやく!メンバー11人が全員集合しました!!
またまた、オケの練習の合間をぬって最後の合奏。
ようやく全員揃っての練習、やっとここまで来たんだなーという思いが個人的には
ありました。
 
 そうそう、音出ししていたロビーで、ようやく!ダッパーサクセーバーズの皆さんと
感激のご対面!!
だって、メンバー香川県出身・うっさんが主人公となったダッパー・きんじさんの記事が
浜松SC内でも大ウケだったんですもん。(^^;これはご挨拶しておかないと!
あまり時間はありませんでしたが、自己紹介タイムとなりました。(^^

 プログラムは以下の通り。
   ○第1部~アマチュアステージ
     ブートリー/ディベルティメント
      ☆Sax:岡 千里・Pf:山崎 香織
     ピアソラ/タンゴの歴史よりナイトクラブ
      ☆Sax:四之宮 亜沙美・Pf:加藤 佳子
     ピエルネ/民謡風ロンドの主題による変奏曲
      ☆ピグレットサクソフォンアンサンブル
     ファルカッシュ/17世紀のハンガリーム曲集より
      ☆ウィーズサクソフォンカルテット
     真島 俊夫/カフェ・サンジェルマン
      ☆ブランサキサクソフォンアンサンブル
     スコットランド民謡/故郷の空 In Swing
      ☆奈良ウインドコンサートファミリー
     チャイコフスキー/くるみ割り人形よ
      ☆ダッパーサクセーバーズ     
     バルトーク/ルーマニア民俗舞曲
      ☆浜松サクソフォンクラブ     
     本多 俊之/Higgledy-Piggledy
      ☆Saxyd
     ホルスト/第1組曲より
      ☆Patioアンサンブル
     ♪スペシャルステージ
      ☆ソプラニーノ三重奏
     マガニーニ/メディエバル・エアー
             ウッド・ベッカーズ
      ☆1オクターブ上のアンサンブル(ソプリロ・ソプラニーノ・ソプラノ・アルト)
     サンジュレー/四重奏曲より
    ○第2部
     デザンクロ/四重奏曲
      ☆大阪市音楽団     
     グリーグ/ホルベルク組曲より
      ☆サクソフォンラボラトリー岡山
     ファリャ/5つのスペイン民謡
      ☆Sax:長瀬 敏和・Pf:森田 洋美
    ○第3部~オーケストラステージ
     伊藤 康英/サクソフォンオーケストラの為のファンファーレ
     チャイコフスキー/スラブ行進曲
     ヤン・ヴァンデルロースト/アルセナール
     サウンド・オブ・ミュージック

 開演後、浜松SCはプログラム8番目の出演順。
殆ど他の団体は聴くことが出来ないまま、本番となりました。
 直前に最終チェックをし、舞台袖へ。
ステージでは、ダッパーサクセーバーズさんのクインテットでJAZZ風くるみ割り人形
演奏中。
 そして、浜松SCの本番となりました。
演奏スタートするも、セッティングで各自の席が離れていたのとホールの響きもあり、
他のメンバーの音が聴こえない!っていうアクシデント?もあったようで。
その辺りは、私個人は殆ど問題ありませんでした。
 実は、演奏時間5分以内という制約があり、曲のテンポもさることながら、
譜めくりも重要ということで、「アタッカで!」が合言葉になっていた私達。
いつの間にか、普段の行動も「アタッカで!」が合言葉になっていたような。(爆
ところが、録音を聴いてみてわかったのですが、実際6分半の演奏時間でした。
ホールの響きのせいか、いつの間にかテンポが緩んだ部分も。
・・・本番は、中々思うようにならないものです。。

 数日後、録音を聴きましたが、内容はうーん。。
次回、4/6のナゴヤサックスフェスタの本番へ、今回の経験を生かさねばなりません。
残念ながら、来月はバスパート無しとなりますけど。
 ただ、浜松SCとして初の大きな外部の本番を終え、初めてのこのような経験をした
メンバーにとっては忘れられない出来事となるでしょう。

 プロステージでは、サクソフォンラボラトリー岡山の皆さんが、
別格のラージアンサンブルを聴かせて下さいました。
やっぱスゴイです!良い演奏でした。 

 Saxオケは、それぞれが楽しめたでしょうか?!

 終演後、恒例の懇親会。
ダッパーさんや、徳島のウィーズ・サクソフォンクワルテットさんら、他団体の皆さんと
お話したりプロの皆さんのお話が聞けたりと、有意義な1時間でした。

 思えば、淡路島フェスに個人的に参加してきたみゅるGENさん・私の発案で始まった
今回の参加。その為の練習始めたのは、昨年の12月。
本番をやっていくスタンスで練習を続けないと、全体のレベルUPに繋がらない
ものだなと個人的に感じた数ヶ月でした。
 
 懇親会後は、各自再び車や電車で帰宅。

 皆様、遠路はるばるお疲れ様でした!次回、3/23にナゴヤサックスフェスタの練習・
そして4/6の本番が待っております!!頑張って行きましょう♪

                                         by 京青
スポンサーサイト

テーマ : 音楽のある生活 ジャンル : 音楽

01:02  |  出演報告♪  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

  見学希望の方は連絡先(E-Mail)と
  「管理者だけにコメントを表示」にチェック
URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。