2017年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2008.01.20 (Sun)

1/20(日) 練習日記

 久々の更新です
何故なら、新年の初練習が今日だったからなんです。
朝9時に会場へ集合し、3/2(日)の淡路島サクソフォン
フェスティバルに向けての練習をしました。
 
 バルトーク(柏原 卓之編曲)のルーマニア民俗舞曲は、
全部で5楽章(厳密には7楽章)に分かれています。
1楽章ずつ内容を詰めて行きましたが、冒頭の1楽章「棒踊り」で大苦戦。
メロディーアルトメンバー3人の歌い方・リズムの不揃いの修正、
伴奏の音の形やバランスをチェック、これだけで1時間掛かりました。

 そして、3楽章「足踏み踊り」。
ソロパートは本番ではソプリロSaxを利用しますが、
残念ながら柏原さんの楽器は現在関東方面某所へ出張中とのことで、
同じB♭管のソプラノで代用。伴奏のピッチや表現面をチェック。
 
 4楽章「アルペンホーンの踊り」のソロは、私も吹いているテナーパート3人で
演奏します。
こちらも1楽章同様、メンバーの息を揃えるにはもう少し時間が掛かりますねー。

 そして問題の5楽章「ルーマニアのポルカ」「速くて細かいステップの踊り」は、
まだまだインテンポには程遠く。。
細かいパッセージ、各パート共さらわなくてはですね。
 半分のメンバーが都合で午前中のみ・午後途中で帰宅しなければならず、
本番に向けた事務的な打ち合わせ・話し合い等もあった為、2楽章「帯踊り」は
結局出きずじまい。
まだまだ曲の形がおぼろげに、、という段階でしょうか。

 午後後半、柏原 卓之さんアレンジの「展覧会の絵」Sax四重奏版を練習。
流石に4本だけだと、各パートの負担が全く違いますね。

 次回は2週間後の2/3(日)ですが、個人練習の他に原曲を聴いたり
スコアを読む等、各自曲に対する理解を深めて行きましょう!

                                     by京青


 
スポンサーサイト

テーマ : 音楽のある生活 ジャンル : 音楽

23:50  |  今月の練習日記♪  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

>うっさん

 早速、行ってみました。
 おー、いいですねー。そして、関連音源にはハンガリーの楽団やら、
 本物のダンスまで見たり出来ますね。(^^;
京青 |  2008.01.22(火) 22:53 |  URL |  【コメント編集】

■YOU-TUBEにて

早速動画を見つけました。
チャイコフスキーコンクールのチェロ部門優勝者セルゲイ・アントノフさんがフィーチャーされています。あまりに音楽性が違っているため、参考にはならないかも・・・。強烈です。
http://jp.youtube.com/watch?v=Kod0r2cV7_w&feature=related
うっ |  2008.01.21(月) 21:48 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

  見学希望の方は連絡先(E-Mail)と
  「管理者だけにコメントを表示」にチェック
URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。